ARCHIVES
TAGS
あけましておめでとうございます
P1002807.JPG


太陽の光を手で掬っているみたいな雲

なんだかうれしい朝の始まり。


去年の年の瀬の空です。(^^;


年が明けてからは、寒い日が続いていますね。

昨日など、粉雪が道路をぱ~っつと舞って

あんまり寒いので マラソン気分で

走ったら少し体があったまりました。


とはいえ、息が上がってしまい、

お正月鈍りの身体には

準備体操が大切だとも痛感 (T0T)


スタートはいきなり とばさず、

様子を見ながら 温めて、

少しずつ でも 継続して・・・

たいせつにしていきたいです。



新しい年もまた、福岡天神TSセラピールームを

ご利用いただき、誠にありがとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。m(--)m


どのようなお正月を過ごされましたでしょうか?


毎年定番のお正月を過ごせるのは

幸せなことですね。


心の中に葛藤があると

日常のお仕事や学校が休みの時ほど

逆に刺激を受けやすくなって

気持ちがしんどくなることもありますね。


でも、身体をゆっくり休めて

元気を充電すると

心の感じ方もまた 変化する ともいえるわけで、


自分自身でどのようにして

ちょうど良い収まりどころを見つけるか。


どこまで行っても変わらないな。


友や親せきの便りが嬉しい年賀状もさまざまで、


こちらのことを慮ってくれる温かいお葉書もあれば、


「どや!」と自慢と見栄の発表会に感じるものも。


(もちろん、自分の中にも「どや!」があるから、

 それが分かるんですけれど・・・)



素直に、「良かったね」とだけ思うことができるのなら、


そのように感じられる自分自身の幸せが倍以上になるのだけれど


それは言葉でもっともらしく言うほど


理想的な世界ではなく・・。


それでもやっぱり、便りは嬉しくて。


元気でいてくれることは

やっぱり嬉しくて。


お正月は毎年、

そんな複雑な思いが心をよぎる時。


いろんなそれぞれの毎日がある中で


「幸福」って 


自分の感じ方が決める。




自分の心の色模様を

判断することなく

冷静に見ることが上手になると


無理のない「強さ」を

自分の内側に培うことができるのかもしれません



SJ00035976.jpg


福岡市の心理カウンセリング・セラピー
福岡天神TSセラピールーム


福岡カイロプラクティック
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<今年は岩合光昭さんのカレンダー | 真っ赤な 南天の実 >>