ARCHIVES
TAGS
映画 「あなたへ」 を 見てきました・・・
映画 あなたへ.jpg

公式サイト


「あなたへ・・」 主演 高倉健


先日、友人に誘われ、見に行ってきました。



健さん.jpg


上記写真のサイト


渋すぎるっつ 健さん かっこいい!

81歳 なんて まったく 信じられないっつ!


・・・・なんて、またもや ふざけました。m(- -)m


実は 今でも 本作品を思い出しますと

言葉にできない 涙が あふれてきそうになるので


健さんかっこいい! というスタンスでなければ

シンドイのです (^^; 


それほど、心に深く 響いてくるものがありました。


「あらすじ」をある程度知っていたので、

見る前から、これは 号泣する可能性がある

少し 「間」を とって 見ることにしよう。

と言い聞かせながら・・


人生の普遍的な側面を 

淡々と 時にユーモアも交えながら。

美しい九州や富山の景色 宮沢賢治の童謡・・。


「健さん」だからこそ 「健さん」のための・・


何回健さんを言えばいいんだ・・・


脇を固める名優さんたちも

その存在感がすごかったです。いやはや・・


綾瀬はるかちゃんが 一生懸命 九州弁を話そうと

しているシーンや ビートたけしさんのユーモラスな

感じにちょっと 心が楽になります。


ハリウッド映画のような 派手な演出、

最近の邦画にストレートに強調されがちな

愛や絆に関するセリフ

心はずむ美しいハッピーエンド・・

は まったく無く、


私の印象では、寂しいトーンがずっと背後を流れ。

溜息が出るほどなのだけれど


なのだけれど



「人」 「人生」 が


とても とても 丁寧に 描かれていると感じました。


淡々と 静かなのだけれど

だからこそ リアリティがあって。


この作品を10代の頃見ても

あまりピンとこなかっただろうなと思いました。

映画館内の年齢層は高かったです (^^;


人生の折り返し地点にいる時、


人生の長い道のりを歩いた後、


この作品に触れると 


リアリティを持って 響いてくると思いました。


恋にあこがれて スリリングな出会いに

ドキドキしたい!なんて思いでいっぱいの時に

本作品に触れても 退屈してしまうかもしれないけれど


パートナーシップについて

大切に考えるようになったときに

この作品に触れると


俳優さんたちの ワンシーン、 ワンシーンが

リアリティを持って心に刻まれるのかもしれません。


「いま」を 大切にしたい

こころからそう思えてくるのかもしれません。


大切な人を失ったばかりの時は

少し時間が経って、気持ちが落ち着いてから

見るほうが 身体にやさしい。


なんて勝手なことを思ってみるものの、


むしろ、寂しさの中で

黙って横にいてくれるような

そんな作品にもなりうるのかな。


・・・・ともかく 心の中から

色んなものがあふれてくる作品でした・・。




福岡市の心理カウンセリング・セラピー
福岡天神TSセラピールーム



rain.jpgrain.jpg





固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Voice | 秋の月 >>