エモーショナルリーディング

サイトマップ リンクA リンクB

サブリミナルリーディング −潜在意識の声を聴き取る−

※ このメソッドは過去の臨床において行っていたものです。

  現在は効果・速さとも、さらに進化したメソッドを使用しておりますが
  参考のためウェブ上に残しております。

サブリミナルリーディング

私達の心には、
理性(頭で考える)とは
別の領域が存在します。

それは、「潜在意識」
または「無意識」と
呼ばれるものです。

この潜在意識は、私達に
とって最も適した答えや
必要な情報を教えてくれます。

サブリミナルリーディングは、身体が発するエネルギーの変化から
その答えや情報を読み取るセラピーメソッドです。

この方法を使うことで、クライアントご本人の心理的負担が軽減され、
クリーニングを必要とする感情を的確に判定することが可能になりました。

すなわち、セラピーを行うに当たって解消すべき「過剰な感情」
(自分で自分を苦しめている思い込み)を、客観的に判定できるのです。

この方法を使う最大のメリットは、セラピーの精度・成功率を、
飛躍的に上げることができるということでしょう。

ご存じのように、「ネガティブ感情を嘘のように消去できる」と謳う
メソッド、書籍やセミナーは多数存在します。

しかしながら、それらのメソッドを用いたにも関わらず、必ずしも
悩みの解消につながらない、というのが実情です。

そして、その大きな理由に「対象となる感情を絞ることの難しさ」が
挙げられます。

なぜなら、ご本人の思いや、セラピストによる主観的な判断とは
異なる部分に、真の問題が隠れていることが多いからです。

例を挙げて説明しましょう。

ご本人は
A:自分を虐げた相手(父親・いじめっ子・姑など)への「憎しみ」
こそが、自分の苦しみの原因だと感じているとします。

ところが、実際に大きなしこりとして心の健康を障害していたのは、
B:自分の状況を見て見ぬふりして、助けてくれなかった周囲の人
  (母親・同級生・夫など)によって生まれた「絶望感」
でした。

この場合、Bの感情をクリーニングして初めて、心の平穏が訪れるのです。

実際に、当院での臨床上もこのような例は珍しくありません。

しかし、これらの事実は、ただご本人の言葉に耳を傾けるだけの
カウンセリングでは判明しません。

また一方で、セラピストが自らの経験のみに依拠して判断しても、
その決定が誤りであることもあるでしょう。

だからこそ、正しくテーマを設定するには、客観的な判定方法が
必要となるのです。

そして、サブリミナルリーディングはその役目を充分に果たしています。

「セラピーセッションを受けて、本当に良かった」と仰って頂ける
理由の一つに、このメソッドの存在があるのです。

なお、具体的な方法は「ご相談者の手掌にセラピストの指を置き、
微細なエネルギーの変化を読み取る」というものです。

当院長は約20年の臨床を通じて、この方法で皆さんの心身改善を
お手伝いして参りました。

どうぞ安心してお任せください。