カテゴリー別アーカイブ: こころとからだ

地道な稽古に基づいた「心技体」

横綱

2013年九州場所横綱白鵬

全身からパワーみなぎる横綱

相撲人気が復活していますね。

「心技体」を鍛錬し

一日一番集中してという姿勢に

勇気づけられています。

遠藤 勢

このようなバランス感覚は持って生まれた才能とはいえ、

地道なお稽古を積み重ね、たどりつける境地。

息が苦しくなったら 深呼吸。

お相撲さんの練習の中でも基本のようですよ。

日常の中で 辛く苦しい時も

まず 深呼吸。

ストレスが大きいほど

息を止めて、身体に力が入っていることが多いもの。

力を適切に抜くことこそ練習が要るのだと思います。

呼吸を吐けば 自然と入ってくる。

緊張していると思ったら

まず ふーっつと吐いてみるのも一案です。

身体が変われば 心も楽になる。

あなたの日々が健やかでありますように。

なんとなく・・・心模様

kai

9月になると 夏を思い出す。

季節の変わり目はいつも その前のことに思いをはせて。

喜びの記憶 甘く切ない記憶 愉しかった記憶

後悔の記憶 不愉快な記憶 退屈でしかたなかった記憶

そのどれも ひとつ ひとつの 経験。

 

暗記のトレーニングをするときの コツの一つに

嫌悪感を感じることに関連させて覚えると忘れにくいなんて定説があるそうだ。

言いかえれば、嫌だったこと、ショックだったこと、後悔や 残念なことは

より記憶に定着して 忘れにくいのかもしれない。

 

同じ失敗を繰り返さずに、成長するために、そんなふうな仕組みになっているのかな。

それとも、より原始的に、危険を回避し、生き延びるための知恵として

DNAの中に組み込まれている仕組みなのかな・・・なんて想像してみる。

正解なんて分からないけれど。

 

嫌なことなんて思い出したくもないから、

ぐっと押しこめて 無理やり忘れようとすると

むしろ強調されてしまう。

ふくれっ面のままでなんか居たくないから 自然に頑張ったのに・・・。

 

「こころ」の世界に向きあって、そこから解放されようとしたとき

そんな世界なんて知らずに 自分なりに頑張ってきたことが

逆効果だったことなんかに 気づいたりすると、やるせなくなる。

 

・・・・・自分に厳しくしすぎかな。

それだけ、大変だったんだよね。

何とかしようと 試行錯誤。

まず良くやってきたことを心から認められれば。

いや、理性で認めるとか認めないとか そんなことよりも もっと強力だったのは

自然にこぼれおちた 涙。

何も言わずに そばに居てくれた人。

 

大変だったことを認めると、次に浮かび上がってくる気持ちは

「なぜ、そのような 出来事や 運命が 私に 降りかかるのか。」

なんて 不条理への憤り。

憤りを感じて当然なのだと 分かっていても

強すぎる 怒りは カラダに負担をかけてしまう。

 

台風をやり過ごすように建てられた 昔ながらの家みたいに

こころを地面に近づけて 通り過ぎてゆくのを 受け入れる。

あ、晴れ間が 見えてきたよ。

 

こころとからだと 自然。

人間も自然

自然のなかの一つ。

つながりの中で 生かされている。 真実。

生まれてきたから、何かを実現したい、そんな思いもやっぱりあるね。

思いは たった一つ じゃないんだな。 そういうものかな。

 

ビー玉

 

熱を冷まして 元気回復

豆乳おそば

豆乳のお出汁に入った おそば (^^)

トッピングは 湯葉とワサビ。

蒸し暑い今の季節 お体に熱がこもって 具合が悪くなりやすい体質の方には

もってこいの一品。

あっさりしているようでいて、豆腐&お蕎麦で タンパク質もしっかり補給でき、

薬膳料理の世界では 「涼」の性質を持つ お豆腐。

滞った気を流し 殺菌作用もある わさび。

冬の間は少しも 食べたいと思わなかった 夏野菜やお酢、お蕎麦などなど

自然と体が欲するのだなあと思います。

ただ、お体が冷えて調子が悪くなる体質の方には向かないのかもしれません。

食材の性質を知って 自分の体質と対話しながら

メニューを選んでみるのが なによりですね。(^-^)

蓮   sizuku

息~いき~

水しぶき  水しぶき  水しぶき

P1003800

シャン!生まれたばかりの若葉

まっすぐに 背筋を伸ばしている

P1003803

それぞれに 必要な お日様の光 水と風と・・

P1003802

想い想いに 拡がってゆく。

いまここにいる私も 呼吸をしよう。

20100814085154_t

大きく息を吐けば 吸う息は自ずから。

息をはくことを より一層意識してみると

いまここに もっと 充分にいやすくなる。

息を止めていませんか?

頑張っているんだね。

頑張りたいから。

それなら 息を吐いてみよう。    キラキラ

溜めているものは 解放して

新しい空気を入れよう。

循環させよう。

20100814085154_t

006_1024-120x120  006_1024-120x120 006_1024-120x120

こころとからだの声に耳を傾ける

buraun yuki buraun

冬空が広がる今日この頃、ご機嫌いかがですか?

太陽の光が弱くなる今の季節

朝起きるために夏の頃よりも気合が必要だと感じます。(^^)

fuyu

私は好きな音楽を聴いたり

コーヒーを淹れる香りなどが功を奏します。

 20100407074358_t 20100407074358_t 20100407074358_t

目覚めた時に、嬉しくなることに

意識を集中しイメージしてみたり、

egao

とにかく何も考えずにやるべきことに体を動かし、

少し目が覚めたら ふくらはぎを伸ばすストレッチが良い

なんて言う友人も。

すい~ (のびやかな あひる)

 

20100814085154_t               20100814085154_t

調子が良いときは、意識的な日常の工夫で乗り切っているけれど、

そうもいかない時というのもありますね。(にんげんだもの・・)

aoihikari

日ごろの疲労感が解消されないまま

発散の糸口がみつからないまま頑張り続けていると

こころとからだが もう少しこちらを省みて欲しいとサインを送ってきます。

キャンドル

クローズアップ現代でも 小学生時代の睡眠不足が原因で

中学生になってから朝起きられずに不登校になってしまう子どもさんが増加する中、

学校や地域をあげて睡眠の大切さを教える活動の様子が放映されていました。

 

睡眠を削ってでも、受験戦争に勝ち抜け!と指導されていた時代から

睡眠がなによりも大切だと 「眠育」が尊ばれる時代へ。

aoihikari

私たちは、その時々の漠然とした 「~が正しい」

「~でなければならない」という風潮に

影響を受けながら 生きているのですね。

sizuku

そのとき正しいと言われたことも

時代の移り変わりとともに変化していくものなのだとしたら、

 

いま、ここにいる 自分にとってのちょうど良さを

できる範囲で見つけることによって

生活のリズムを整えていけたらいいなあと思います。

pure

そんな 自分自身もまた

常に 変化し続ける存在。

 

生きている限り、そのときどきの ちょうど良さもまた 変化して。

自分にとってのちょうど良さを見つけていくには

まずは 少しスピードを緩めて

いま ここに いることを 感じてみる。

 

静けさの中 深いリラクゼーションを体験し、

また 新しく始めてみましょう。

sikuramen 2

 

 

buraun yuki buraun

ほっとするって 元気の素

ダウンロード (4)

元旦の寒さとはうってかわって

ここ数日 お天気に恵まれていますね。

P1003603

 

お正月の お雑煮 ほっとして、温まります。

明日は鏡開き。

お正月の「おもち」にも、ファイナルステージが用意されているのですね。(^-^)

私は両親が関東なので、アゴのおだしに鰤が入った

お雑煮は食べたことが無く、毎年 どんな味なのかな~と

興味をそそられています。

先祖代々受け継がれた味、

こどもの頃から慣れ親しんだ味、

新しい場所で 新しく作っていく味、

そんなことに想いが至る お正月。

083356

寒さも厳しくなるけれど、

どうぞお元気でお過ごしください

 

 

成長の過程に見られる揺らぎ

namiki

 

人が内面的に成長し、 それまでとは少し違う人格の持ち主になる時、

「移行状態」としての 「迷い、スランプ、落ち込み」といった状態を体験するのは

心理学的に明らかだと言われています。

hosi

経験を深め、自分を目いっぱい懸けて、追求している時ほど、

その壁が大きく感じられ、 そこに肉体的な変化も加わると

揺れることは自明の理。

人である以上、変化をし続けており、

それぞれに人生の節目、節目、

螺旋階段の曲がり角に来る時がありますね。

突然やってくる混乱や落ち込みに戸惑ってしまうけれど、

スランプこそ、飛躍へのステップ

生まれ変われるチャンスととらえることもできます。

詩人「リルケ」の作品の中に

「必要なのは 孤独だけ

大いなる 内なる孤独

自己に沈潜すること

何時間も誰にも会わないこと ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」 なんていうフレーズがあります。

内面的変化が訪れている時、

必要なだけ繭にくるまれて過ごすように

その人 それぞれの 時 が在るのだと思います。

この「辛抱」を どう乗り越えるのかが鍵になりますね。

とはいえあまり思いつめすぎる、考えすぎる

お体に影響を与え、内臓などの調子が悪くなってしまいます

少し「知恵」をはたらかせ

体調を整える工夫をしながら、という視点も忘れずに・・・

また、この世で生きている全ての人

何人もの人に依存し、不完全な部分

失敗をかかえながら生きていくもの

自分にあまり無理な要求を突き付けないようにする、

自分いじめをやめることもとても大切だと思います。

孤独を必要以上に毛嫌いすることもないですし、

一方で、気楽な人と人との出会い

挨拶を交わし、笑いあうことで

気になっていた悩みが小さなことに思えることも

怖いと思っていたことが、行動してみたら怖くなかった

なんてこともあります。

初めの一歩が恐ろしいかもしれないけれど

その一歩を 欲張らず、少しずつ・・・

kawaii

「~すればいいよ」 分かっているけれど、できない時。

「できない」と頑なに言い張っている人の言い分があるのかもしれません。

それは、気づく(意識化する)ことで 手放すことができます。

気持ちを整えて また進んでいきましょう。

 

pure

 

 

その行動の背後にある「気持ち」

 

illust1926_thumb

 

083335

お盆休み期間も、当院をご利用いただき誠にありがとうございます。

昨年は猛暑続き、今年は雨続き、なかなか思う通り、バランス良くいきませんね~。とほほ~。

自然のことは、その時々で受け入れて、乗り越えるのみですね。

このような天候が続きますと、お野菜が育ちにくくなるのですから、

人の身体にも影響があると言えそうです。

なんとなく調子が悪い時は、食事に気をつけて、

気が滞らないように、家の中でもできる 軽い体操や、ストレッチなどを行い、

工夫しながら乗り切りたいと思います。 (^-^)v

illust1926_thumb

調子の良さや 快適さ、心地よさは 人によって異なるものなので、

ご自身にとって何が良いかを見出すことができれば一番いいですね。

また、大切な人とのコミュニケーションをとる時には、

自分の基準を相手に押しつけていないか、相手にとっての心地よさは何かに焦点を当ててみたり、

相手に、自分の心地よさについて感情的にならずに伝える機会があると良いのかもしれません。

なかなか忙しくてそんな暇ないかもしれないけれど、

ちょっと そんな「視点」を持ってみるだけでも違ってきます。

hikari3

相手のことは、ここではひとまず横に置いておくとしまして、

自分にとっての心地よさというのを見出すのも、言うは易し、行うは難しだったりしますね。

私たちはいろんなことに囚われていて、

たとえば 少しも太っていないのに、 幼い頃 カラカワレタ記憶が忘れられず、

痩せなくてはならないと思い込み、身体に不調があるにもかかわらず無理なダイエットをしてしまったり、

他者から見れば、充分筋骨逞しいのに、もっとトレーニングをして大きな身体にならなければ!

と無理なトレーニングを重ねかえって不調になったり・・・

わかっているのに、なぜか・・という行動をしてしまうことがあります。

より良くなるために、何かを頑張っているはずなのにかえって良くない結果を生んでしまう

変わりたい、・・でもどうしてよいかわからない。

そのような時は、一度立ち止り、ご自身の心の声に耳を傾けて

その行動の後ろにある 「気持ち」と 他でもないご自身が、「共にいる」ことが求められています

確かに自分以外の誰かに分かってもらうことは、癒しの第一歩かもしれません。

しかしその先に求められているのは、他でもないご自身が自分の気持ちと「共にいる」ことです。

これがなかなか難しいのもまた人情。

私も他人のことは落ち着いて見ることができても、自分の核心に触れることが迫ってくると、

何故こんなに抵抗が生まれるのだろうという心境になります。それが自然なのだと思います。

 

私たちの心模様は 記憶や気持ちや考え、その日の予定、明日の予定

いろんなことが渾然一体となっています。

混乱した中で、あの事が原因に違いない!と憤るけれど、なぜか解決にいたらない。

カウンセリングやセラピーを受ける意味は、

まずはその混乱を落ち着いて一度整理してみることで

今ここではもう、必要なくなった囚われを解放し、

自分自身の中に新しいスペースを作り出すことにあります。

お一人で頑張ることに疲れていませんか?

お気軽にご相談ください。

御縁のある方々に当院の専門性がお役にたてますように。

orange orange orange

ひといき

kamihikouki

 

台風が過ぎ去った後 一日目は

たいてい涼しくなる

また 蒸し暑さが戻るのだろうけれど、

この、ほっと一息つく瞬間のおかげで

頭に上っていた 「気」が下がり

なにかが充電されている。

ストレスフルな時ほど、 ほっと一息つく瞬間が

次の元気に不可欠なことを忘れてしまうのは何故なんだろう。

 

P1003203

久しぶりの青い空

ずっと曇っていたから なんだか とても 嬉しい。

また雨雲がやってくる予報だけれど、

やっぱり、ほっと 一息

目も気持ちいい。

高校野球も始まって、 毎年恒例の 夏だなあ~・・。

見上げて 2

 

大きな 木の下で 空を見上げるのも 好きだ

少女

 

恥じらいながら 微笑む 少女のような・・・・

1ブルービー 

君に 幸あれ

 

時々 見直してみる

074616

台風接近中の週末、いかがおすごしでしょう。

湿度や気圧の変化がお体に負担になることもありますね。

どうぞ大切になさってください。

hane

♪             ♪

green green

 

 

自分のことを大切にするためには、

客観的に自分のことを知る必要があります

ふだん、どんなふうにご自身を大切になさっているでしょう。

経験的に~すれば大丈夫だったから、で乗り切る

あるいは、信頼のおける人から「~したほうがいいよ、」

と伝えられた事をやってみる はたまた、もっと無意識に行っているのは

テレビや雑誌で見た方法に重きをおいていたり。(^^;

自分を知るためにあまり立ち止ることなく通りすぎるのが日常ですね。

illust1926_thumb

 

日々様々な経験を重ねながら、変化している私たち。

時々 自らを「客観的」に見直してみると いつもとは違った視点が生まれ

自分のための新しいアイディアが浮かぶのかもしれません。

 

自らを客観的に見直すために一番最初に必要なのは

無意識になっているご自身の主観的な傾向を知ること。

私たちは誰しも 「思い癖」があり、経験と持って生まれた感受性によって形成された

思い込みの傾向があります。

それは一つの個性で、その人らしさでもあるけれど、

その囚われが強くなりすぎると、こころの「コリ」になってしまいます。

illust1926_thumb

 

TSセラピールームで行っているのは、その強くなりすぎている面独自の専門性

セラピストの主観できるかぎり介在させることなく見出していくことです。

(詳しくはホームページをご覧ください)

カウンセリングによる受容と共感で癒されるだけでは、スッキリはするけれど

また同じことを繰り返してしまうので、そこからの変化を望んでいるかた、

(当院のセラピーを経験されたのちに、今ここのご自身を無理やりではなく、自然に受容されて

必要以上に変化することに囚われなくなるケースもあります。)

セラピストに詳しい話はあまりしたくないけれど、

ご自身の傾向を知って、今後の自分の仕事やプライベートのために活用したい、

というかたにも喜んでいただいています。

 

御縁がありましたら、佳き出会いに成れますように。

ライン

今日も一日お元気でお過ごしください。 (^-^)/

 

P1001689

 

今年も芙蓉が花開く

雨が多かったのにな。 なんだか 励まされたよ (^-^)

キャンドル