なんとなく・・・心模様

kai

9月になると 夏を思い出す。

季節の変わり目はいつも その前のことに思いをはせて。

喜びの記憶 甘く切ない記憶 愉しかった記憶

後悔の記憶 不愉快な記憶 退屈でしかたなかった記憶

そのどれも ひとつ ひとつの 経験。

 

暗記のトレーニングをするときの コツの一つに

嫌悪感を感じることに関連させて覚えると忘れにくいなんて定説があるそうだ。

言いかえれば、嫌だったこと、ショックだったこと、後悔や 残念なことは

より記憶に定着して 忘れにくいのかもしれない。

 

同じ失敗を繰り返さずに、成長するために、そんなふうな仕組みになっているのかな。

それとも、より原始的に、危険を回避し、生き延びるための知恵として

DNAの中に組み込まれている仕組みなのかな・・・なんて想像してみる。

正解なんて分からないけれど。

 

嫌なことなんて思い出したくもないから、

ぐっと押しこめて 無理やり忘れようとすると

むしろ強調されてしまう。

ふくれっ面のままでなんか居たくないから 自然に頑張ったのに・・・。

 

「こころ」の世界に向きあって、そこから解放されようとしたとき

そんな世界なんて知らずに 自分なりに頑張ってきたことが

逆効果だったことなんかに 気づいたりすると、やるせなくなる。

 

・・・・・自分に厳しくしすぎかな。

それだけ、大変だったんだよね。

何とかしようと 試行錯誤。

まず良くやってきたことを心から認められれば。

いや、理性で認めるとか認めないとか そんなことよりも もっと強力だったのは

自然にこぼれおちた 涙。

何も言わずに そばに居てくれた人。

 

大変だったことを認めると、次に浮かび上がってくる気持ちは

「なぜ、そのような 出来事や 運命が 私に 降りかかるのか。」

なんて 不条理への憤り。

憤りを感じて当然なのだと 分かっていても

強すぎる 怒りは カラダに負担をかけてしまう。

 

台風をやり過ごすように建てられた 昔ながらの家みたいに

こころを地面に近づけて 通り過ぎてゆくのを 受け入れる。

あ、晴れ間が 見えてきたよ。

 

こころとからだと 自然。

人間も自然

自然のなかの一つ。

つながりの中で 生かされている。 真実。

生まれてきたから、何かを実現したい、そんな思いもやっぱりあるね。

思いは たった一つ じゃないんだな。 そういうものかな。

 

ビー玉